eSIM

eSIMとは

eSIMは、「embedded SIM(embedded Subscriber Identity Module)」の略。

embeddedは、「埋め込まれた」の意味になります。

つまり、埋め込まれたSIM。

どこに埋め込まれているのかというと、端末になります。

従来は、物理的なSIMカードを調達して、それを端末に挿入して利用する形式が一般的でした。

ですが、最近の機種のなかには、端末にSIM機能が埋め込まれているものが出てきています。

で、通信サービス会社とeSIM契約をして、端末内部のSIM情報を書き換えることで利用していきます。

SIMカードの受け渡しを郵送等でやり取りする必要はなく、スマートです。

ただ、eSIMを使うためには、
■端末側
■通信サービス会社
の両方が対応している必要があります。

eSIM 日本

いま、日本国内でeSIMのサービスを展開しているのは、二社のみとなります。

■楽天モバイル(MNO)→ 楽天モバイル
■IIJ → データ通信専用SIM eSIMプラン | IIJmio

です。

eSIM 楽天モバイル

2020年4月8日に正式スタートした、キャリア(MNO)としての楽天モバイル。

公式サイト→楽天モバイル

eSIMサービスを提供しています。

いまのところ、公式に対応しているのは「Rakuten Mini」という端末のみ。

ただ、動作保証対象外となりますが、iPhone 11なども、APN設定を手動でやったりすることで使えるといった情報が(ネットで)見られます。

参考情報↓

eSIM 格安SIM(IIJ)

格安SIMサービスでのeSIM提供は、いまのところIIJのみとなります。

データ通信専用SIM eSIMプラン(ベータ版) | IIJmio
データプラン ゼロ
の2種類あります。

2種類とも、データ通信(インターネット接続)のみで、音声通話などには対応していません。

eSIM iPhone

iPhoneでは、XS・XR以上の機種がeSIMに対応しています。

■iPhone 11
■iPhone 11 Pro
■iPhone 11 Pro MAX
■iPhone XS
■iPhone XS Max
■iPhone XR

2020年4月16日に発表された、iPhone SE2(第2世代)も、eSIMに対応しています。

eSIM 対応スマホ

eSIMに対応しているスマートフォン端末。

一般的な機種としては、次のものがあります。

■iPhone SE(第2世代)
■iPhone 11
■iPhone 11 Pro
■iPhone 11 Pro MAX
■iPhone XS
■iPhone XS Max
■iPhone XR
■Google Pixel 4
■Google Pixel 4 XL

タイトルとURLをコピーしました