格安SIMユーザーの半数以上がガラケーとの2台持ち

MMD研究所の「格安SIMに関する利用動向調査」(調査期間:2015年7月3日~2015年7月4日によると、格安SIMユーザーの半数以上はガラケー(フィーチャーフォン)を所有しているそう。

格安SIMユーザーの半数以上がガラケーとの2台持ち
https://mmdlabo.jp/investigation/detail_1460.html
格安SIMを利用している20歳以上の男女1,064人に聞いた結果です。

タブレット端末保有者も半数以上。

これからすると、
●通話はガラケー
●ネット端末としてスマホやタブレットを利用
という人が結構な割合いるということでしょう。

もちろん、端末をスマホ1台に集約している人もいるでしょうが、何台かの通信端末を使い分けながら利用しているユーザーも多そう。

なんとなくですが、ガジェットやネット通信関連に比較的詳しい、中-上級ユーザーの姿がイメージされますね。

コメントは受け付けていません。